もりぐち健康ねっと

日曜乳がん検診イベントに行ってきた@関西医科大学総合医療センター(2017/12/10更新)

time 2017/11/03

日曜乳がん検診イベントに行ってきた@関西医科大学総合医療センター(2017/12/10更新)

編集部のサトルです。

今回は以前からお伝えしてきた『日曜乳がん検診 ジャパン・マンモグラフィー・サンデー』に参加してきました!(以前の記事はコチラ)
医療用ウィッグやその他のケア製品、講演会についても載せています。
今回行けなかった方もこの記事を読んで
「乳がん検診イベントってこういう流れなんだ~」と思っていただければ嬉しいです。

この記事の目次

それでは実際に検査ルームに向かいましょう!

sponsored link

検査ルームへの道のりと雰囲気

日曜乳がん検診会場までの案内板
広い関西医科大学総合医療センターのいろいろな所に設置されているボードを頼りに検査ルームへ向かいます。

検査ルームまでの道のり
テープや風船等を使用した可愛らしい装飾で簡単に検査ルームまでたどり着けます。
広い病院ですが、これなら安心ですね!

検査ルームまでの道のり

検査ルームが見えてきましたね!
それでは実際に中に入ってみましょう!
可愛い装飾がなされた検査ルーム
室内まで可愛い装飾や人形が置いてあるので、「検査は怖いもの」という認識も無くなりますね!

可愛らしい装飾

優しそうな放射線技師の皆さん
検査の担当をしてくださった放射線技師の皆さん
なんと、コチラのみなさんが今回の装飾をしてくださったそうです!
優しそうな方ばかりなので安心して検査を受けられそうですね。
なお、検査時の撮影も全員女性でした。

次は同日出展されていたブースについて見ていきましょう!

ブース

受付ではお医者さんや認定看護師さんに相談できるブースやケア製品についてのブース等の様々なブースが出展されていました。
簡単にですが紹介していきます!
※認定看護師に関する詳しい情報は、「認定看護師になるには?メリットや役割などをまとめました!」をご覧ください!

相談コーナー

日曜乳がん検診相談コーナー

まずこちらが医師相談コーナー・認定看護師相談コーナーです。

乳腺外科のお医者さんと乳がん認定看護師さんに気軽に悩みや想いを相談できます。
月に一度、日にちを決めて行うことが推奨されている大切な自己検診の方法等も実際のサンプルを使用しながら丁寧に教えてもらえます。
乳がんのチェック方法を山本先生に教えていただく編集長

編集長も乳がんのチェック方法を実際に教えてもらいました。
男性が奥様の乳がんを見つける場合もあるそうなので、男性もしっかりと知っておきたいですね。
また、男性も乳がんになる場合があり、大体100対1の割合で発症するそうです。
自己検診の詳しい方法はコチラをご覧ください。

頭皮ケアコーナー

頭皮ケアコーナー

こちらのブースでは頭皮や髪の毛のお悩みについて相談できます。
医療用ウィッグは人工皮膚を使用しているため、分け目が肌色で上からじっと見られても安心です!
また人毛が使われている事が多いので触られても不自然さはほとんどありません。
その他にも、高い通気性・耐熱性、負担の少ない柔らかいネットなどが特徴で、ウィッグをつけたままドライヤーの使用も大丈夫です。
医療用ウィッグについて分かりやすく説明してくださるスヴェンソンの皆様
こちらがブースを担当してくださった株式会社 スヴェンソンの安喜さんと武村さん。

こちらのブースでは頭皮の状態も調べられます。
頭皮チェックをしてもらう編集長
編集長の頭皮状態についても説明してもらいました。

ケア製品展示試着コーナー

人工乳房やソフト手袋・靴下、また脱ぎ履きが簡単なふろしきシューズも売られていました。
ふろしきシューズを試す編集長
編集長も実際に履いてみました。

足の形・横幅・甲の高さを自由に調節できピッタリとフィットするので、浮腫みで靴選びにお困りの方やご高齢者にも。
今回、講演会のテーマの一つにもなっているリンパ浮腫の方にも良いそうです。
ふろしきシューズを取り扱っている株式会社ほほほの大林さん
他にも、こちらの株式会社 ほほほ 大林さんにはリンパ浮腫を抱える方の為のサポートグループ『リンパカフェ』や医療者対象リンパセミナー等についてもお聞かせいただきました。

それではリンパ浮腫の説明を含む講演会についてみていきましょう!

講演会

山本 大悟 医師『乳がん検診のすすめ』

乳がんについて講演される山本大悟先生

乳がんの危険因子について、また身近な物事の被曝量の数値と比較して、乳がん検査の被曝量の低さについてもお話しいただきました。
また日本、特に大阪における乳がん検診の受診率の低さを挙げられ、普段からの自己検診【月に一回】と乳がん検診【年に一回】の重要性を説かれました。

西村 和美 認定看護師『リンパ浮腫について』

リンパ浮腫について講演なさる西村 和美認定看護師
リンパ管の流れが悪くなることにより生じるリンパ浮腫についてご講演いただきました。
肥満や化学療法等のリンパ浮腫の原因や予防法、またセルフチェック方法等についてご説明になりました。

質問コーナー

最後には山本 大悟先生西村 和美先生にお悩みや想い等の普段感じていることを気軽に聞ける質問コーナーが設けられました。
乳がん患者さんや術後の方、そのご家族が実際に質問されているのを聞いて、改めてこういう場や乳がん患者さんの会(ひまわり)といった心のケアの場の重要性を感じました。

以上、『日曜乳がん検診 ジャパン・マンモグラフィー・サンデー』でした。
今回のイベントは主に平日お忙しい女性の為の乳がん検診でしたが、平日でも予約をすれば受けられるので乳がん検診に行ってみましょう。
乳がん検診の大切さについて多くの人が知り、受診する本人、そして周囲の方も普段から皆で気をつけられる様になればいいですね!

編集部のサトルがお届けしました。

ありがとうございました!

病院名 関西医科大学総合医療センター
所在地 〒570-8507 大阪府守口市文園町10-15
受付時間 【初診】午前8:30~午前11:30
【再診】開門時(午前7:30)~午前11:30(特殊外来を除く)
休診日 日曜日、祝日、第二・第四土曜日、年末年始(12月29日~1月3日)
公式ホームページ http://www.kmu.ac.jp/takii/index.html

※この記事の情報はインターネット上における情報の相互的有効利用を目的として提供されるものです。
掲示された情報の内容は専門家の先生と共によく吟味、点検されたものではありますが、必ずしも常にその確実性が保証されるものではありません。
また、病気の診断、治療、その他医学的分野において提供された情報が必ずしもすべての方に有効とは限りません。
情報の利用は利用者自身の自由な判断、意思のもとになされるべきものであります。
万一、情報の利用の結果、利用者において不都合、不利益が発生することがあっても
情報の提供者側は最終的な責任は負えないことをご了解の上、慎重に利用いただきますようお願いします。

sponsored link

down

コメントする




どんな人が作ってるの?

もりぐち健康ねっと編集部

もりぐち健康ねっと編集部

守口市の健康に関する情報を正確に伝えたいという思いを持った仲間達と編集部を立ち上げました。 毎日、情報を求めて全員で走り回っています! こんな情報あるよ!という方は編集部まで。 お隣の先生と共に守口市の健康に関する正確な情報を発信しています。

健康情報募集中



sponsored link