もりぐち健康ねっと

体の不調 それは本当に夏バテですか?

time 2017/09/06

体の不調 それは本当に夏バテですか?

こんにちは、もりぐち健康ねっと編集長 タツです。
もりぐち健康ねっと編集長

朝晩はかなり涼しくなり、過ごしやすい季節になってきました。

今回のテーマは、そんな「秋の始まりに気を付けること」です!
伺ったのは、いつも笑顔でレポートに答えていただいてる守口市にある大島医院の大嶋 太一院長です。

皆さん、「夏バテの本来の意味」を御存じですか?

夏に暑さで体調を崩してしまうことを夏バテと呼んでいませんか?
実は、違うのです!

それも合わせて大嶋先生に伺った内容を見ていきましょう。

この記事の目次

sponsored link

夏バテの本来の意味とは!?

守口市大島医院院長 大嶋先生

先生!この季節に気を付けるべきことを教えてください!
守口市大島医院院長 大嶋先生じゃあ夏バテについて話そうかな。
先生、もう夏は終わって秋になりますよ。
守口市大島医院院長 大嶋先生それは違うよ。この時期の不調を本来は夏バテと呼ぶんだよ。
え!?そうなんですか!?じゃあ是非教えてください!

本来の夏バテとは、夏に体力が弱った影響で秋口に体調を崩すことを言います。

守口市大島医院院長 大嶋先生

夏バテの症状としては

  • 食欲不振
  • 睡眠障害
  • 集中力の低下
  • 疲れが取れない
  • めまい
  • 頭痛
  • 下痢や便秘
  • おう吐

が挙げられます。

原因は、「暑さによる体力低下」「胃腸機能の低下」「外気の暑さと室温の低さの寒暖差による自律神経の働きの低下」が原因となることが多いそうです。

ちなみに夏バテにも2種類あり、
暑さによる体力低下、胃腸機能の低下から来る夏バテを旧型の夏バテ
寒暖差による自律神経の働きの低下から来る夏バテを新型の夏バテ
と呼ぶそうですよ。

じゃあ最近体の調子が悪かったのは、夏バテのせいなのかー
守口市大島医院院長 大嶋先生それは違うよ。いや、夏バテと片付けてしまうと危険なこともあるんだよ。
え!?どういうことですか!?
守口市大島医院院長 大嶋先生それは違うよ。ただの夏バテだと思って放っておくと、本当は深刻な病気だということもあるからね。
それについて詳しく教えていただいて良いですか!?

夏バテに隠れた病気とは!?

①甲状腺機能亢進症

聞きなれない病気ですが、代表的な病気はバセドウ病ですね。

バセドウ病は聞いたこともある方も多いのではないでしょうか。

症状としては手の震えや目が飛び出す事ですね。

甲状腺機能亢進症は、体を元気にするホルモンと言われる甲状腺ホルモンが過剰に分泌されることにより、全身の代謝が高まり疲れやすくなる病気です。

自覚症状は、暑がり・汗を書く・疲れやすい・動悸・不眠・痩せる・良く食べる等です。

これは一般的な健康診断などの採血項目には含まれないオプションなので、病院の血液検査で発見できます。

②甲状腺機能低下症

これは逆に甲状腺ホルモンが減少してしまう病気です。

症状としては、疲れやすい・だるい・むくみやすい・冷え性等の症状があります。

薬で治療可能ですが、効きにくい場合は手術が必要になります。

③貧血

鉄分不足で体中に酸素を運ぶヘモグロビンが減少すると、体のあちこちで酸素不足になり倦怠感が生じます。

夏バテと勘違いしやすいので、日頃から貧血気味の方は注意が必要です。

④糖尿病

これは皆さんも良く御存じの病気かもしれませんね。
詳しくは、「糖尿病ってどんな病気?」をご覧ください。

⑤胃がん、胃潰瘍

こんな病気まで夏バテに隠れてしまうことがあります。

食欲不振が続くようなら体重を測ってみましょう。

体重が減っていたら、一度病院へ行って検査を受ける事をお勧めします。

  • 食欲不振
  • 胃もたれ
  • 体重減少

これらは胃がん、胃潰瘍の初期症状かもしれません。

守口市大島医院院長 大嶋先生

本当に色んな病気が夏バテに隠されてしまう恐れがあるんですね。
守口市大島医院院長 大嶋先生そうなんだよ。だから今話したような症状が続くなら、一度病院で検査を受けた方がいいね。
じゃあまとめると、夏バテかなと思った時にはどうすれば良いですか?

大嶋先生にまとめてもらいました!

まとめ~夏バテかと思ったら~

守口市大島医院院長 大嶋先生

①倦怠感は色んな病気の初期症状です。

・全身の倦怠感 これは色んな病気の初期症状
・貧血などの軽いケースから、肝機能障害や胸に水が溜まっているなんて重いケースまである

守口市大島医院院長 大嶋先生とにかく色んな可能性があるので、一概に断定することは出来ないけど、ちょっとでも変だと思ったら病院へ行ってみてくださいね。

②倦怠感+体の痛みは危険です。

倦怠感の他に、背中などに痛みを伴う場合、『末期性の胃がん』である危険性もあります。背中、肩、腹部に痛みがある場合、大至急、病院で検査を受けてください。

夏バテという言葉が、病気を放置させてしまうかもしれないのですね。こ、こわいです。
守口市大島医院院長 大嶋先生確かにそうだね。でも心配しすぎは禁物だよ。
病は気からとも言うからね。ただ、普段から定期的に健診は受けた方が良いのは確かだね。

以上夏バテに隠された病気についてのお話を伺ってきました。

夏バテという簡単な言葉の後ろには怖い病気があるかもしれませんね。

少しでも異変を感じたら、そして何もなくても定期的に健診に行くのは良い事だと改めて感じました。

健康な体で秋を楽しみましょう!

名称

大島医院(Oshima Medical Clinic)
診療科目

一般総合内科・放射線科
住所

〒570-0025 大阪府守口市竜田通2丁目7−6
TEL

06-6991-2875
FAX

06-6991-2875
院長

大嶋 太一

通院が困難な患者様は御相談の上、往診を行っております。

地域全体の健康を目指しておりますので一度御来院の上、ご相談下さい。

sponsored link

down

コメントする




どんな人が作ってるの?

もりぐち健康ねっと編集部

もりぐち健康ねっと編集部

守口市の健康に関する情報を正確に伝えたいという思いを持った仲間達と編集部を立ち上げました。 毎日、情報を求めて全員で走り回っています! こんな情報あるよ!という方は編集部まで。 お隣の先生と共に守口市の健康に関する正確な情報を発信しています。

健康情報募集中



sponsored link