もりぐち健康ねっと

 

動脈瘤、静脈瘤って放っておいていいの?血管に関する疑問を駒井先生に聞いてきました 関西医科大学総合医療センター

time 2017/09/20

動脈瘤、静脈瘤って放っておいていいの?血管に関する疑問を駒井先生に聞いてきました 関西医科大学総合医療センター

動脈瘤、静脈瘤って放っておいていいの?血管に関する疑問を駒井先生に聞いてきました 関西医科大学総合医療センター

編集長のタツです。

今回は血管についての気になるお話を、関西医科大学総合医療センター 血管外科  駒井 宏好先生に伺ってきました!

駒井先生には先日、もりぐち健康ねっとにてABI検査についてお話をしていただきました。
その時の記事も最後にリンクがありますので、是非チェックしてみてください。

さて今回は『血管に関する疑問』について先生にお話を伺ってきました!

この記事の目次

sponsored link

血管の手術について聞いてみました!血管の手術方法の違いとは?

編集部 駒井先生こんにちは!人間の体にとって血管は非常に重要だと思うのですが、まず血管の治療についてお話をお伺いします。血管の治療の方法にはどのようなものがありますか?
moriken血管内治療とは?メリット、デメリットは?
駒井先生 血管の手術方法としては大きく分けると『バイパス手術』と『血管内治療』があります。
まず、血管内治療は血管の詰まりや細くなってしまっている状況の際にカテーテルを通し風船を膨らまして血管を広げる方法やステントと呼ばれる金属の筒状のものを裏打ちすることで元々ある血管を広げて治療する方法です。このメリットとしては局所麻酔で治療が可能である為、状態の悪い方や高齢の方、また他に大きな病気を持っている方にも適用可能であること、また、短時間で済み何度も行うことが出来る等のメリットがあります。一方で、一番のデメリットとしては病状や部位等にもよりますが再狭窄【何ヶ月か経過すると元に戻ってしまう事】が生じることがあり得ます。そうなると症状が良くなってもまた悪くなり、また治療を繰り返さないといけなくなる可能性があります。
編集部 メリットもあればデメリットもあるのですね。バイパス手術はいかがですか?

morikenバイパス手術の特徴は?血管内治療とバイパス手術の使い分けは?
駒井先生 やはり、バイパス手術の場合は一回で効果が長持ちするということが一番の特徴です。使い分けについては、これも部位や症状によって異なりますが、血管内治療の方が侵襲性【外科手術などによる人体の切開、人体の一部を切除する行為や薬剤の投与によって生体内になんらかの変化をもたらす行為】は低いため、状態の悪い方は血管内治療を用いる事が多く、若い方や何度も治療を行えない方、たくさんの血流がないと治らない方に対してはバイパス手術を用いることになります。つまり、どちらが良い、どちらが悪いといったことでなく、あくまでも使い分けとなります。患者さんの体力やその他の病気なども考慮し、しっかりと吟味した上でどちらを用いるかを判断しています。
編集部 そういった使い分けがなされることによって、より患者さんの負担や治療効果というところに現れるわけですね。それぞれの方法で専門科は変わってきますか?
morikenそれぞれの治療の専門科は異なるの?循環器内科の先生?血管外科の先生?
駒井先生 血管内治療はカテーテルを用いることから、現在は心臓の治療にも用いられています。その為、循環器内科の先生は手技的に上手な方が多いです。半面、足の血管の病気に関しては血管外科の先生があらゆる治療法の知識が多いのです。そのようなことから、患者さんの受け渡しという所も重要になってくると思います。内科の先生方にも血管外科と連携されている先生も多くいらっしゃるので、密に連携を取れている事も重要です。
編集部 関西医科大学総合医療センターではその辺りの連携はとられていますか?
駒井先生 そうですね。我々は循環器内科とも症例検討を行っていますし、普段からも垣根が低いので日ごろから相談等も行っています。
編集部 ありがとうございます。それでは次に病気についてお話をお伺いしたいのですが、足の静脈瘤について教えてください!

足に出来る静脈瘤(下肢静脈瘤)について原因や危険度等を聞いてみました!

編集部 私も足に血管が膨らんでいる箇所があるのですが、これは静脈瘤なんですか?多くの人があるものですか?
moriken足の血管の膨らみは静脈瘤?多くの人が持っているもの?
駒井先生 血管の病気と呼ばれる中では最も多い病気です。動脈硬化は高齢になるにつれて出る病気ですが、下肢静脈瘤というのは若くてもかかる病気ではあります。特に立ち仕事を長くされている方、踏ん張るようなお仕事をされている方、そして女性、これらの方に多く見られます。女性が多い理由としては妊娠・出産でお腹が大きくなる為、また出産で踏ん張ることもある為多く見られる傾向にあります。このようなことから、一般的な病気と考えられます。
編集部 一般的と言われると少し安心してしまうのですが、放っておいても問題ないのですか?
moriken下肢静脈瘤は放置していても問題ないの?
駒井先生 下肢静脈瘤の症状として「足がひどくだるい」「毎晩こむら返りが起きる」という方は治療の必要はありますが、そこまで強い症状が出ていない方は敢えて治療をする必要がない程度の病気と考えられます。
編集部 ずっと放置していて酷い事は起きませんか?
駒井先生 動脈硬化ほど大きな事は起きません。少ないケースですが、色素沈着や皮膚のただれ等が起きることはあります。ただ、症状が軽い場合はそのままでも基本的に心配はありません。
編集部 安心しました。これは放置していると自然に治りますか?
moriken下肢静脈瘤は自然に治る?

駒井先生 自然治癒はしません。足のだるさやこむら返り等の症状をある程度楽にすることは静脈瘤用のストッキングを用いることで可能になります。専用のストッキングはしっかりと圧力をかけられるので、症状は抑えられます。ただ、これは根治目的ではない為、ストッキングを脱ぐと症状はまた出てしまいます。つまり完治させようと思うと簡単な手術は必要になってきます。
編集部 そんなストッキングもあるのですね。ちなみに簡単な手術とはどのようなものですか?
moriken下肢静脈瘤に対する手術とは?

駒井先生 基本的に局所麻酔で行います。そして現在はレーザー治療、ラジオ波治療と呼ばれるカテーテル治療のうちの一つを用いて手術を行います。この場合であれば、通常は1時間程度で大体は治ります。短時間で済むため、日帰り手術も可能です。
編集部 確かにそれであれば手術を受けるという選択肢もありますね!でもやはり一番は下肢静脈瘤にならないことが一番だとは思うのですが、予防方法はありますか?
moriken下肢静脈瘤を発症しない方法はあるの?
駒井先生 ならないようにという事は難しい病気ではあります。やはり人間は立ったり座ったりして生活し、足に負担がかかっています。足に負担がかかることによって、足の一方弁が傷つき血液が逆流して起きてしまうのです。そのことから、ならないようにという事は難しいですが、酷くならないようにするには先ほどのストッキングを用いる事によって、足に血液が溜まらないようにしその状態で運動をする事があげられます。ただし、それでも発症しないとは言えませんし、四六時中ストッキングを履いているわけにはいかないので、難しいということになります。
編集部 人間の宿命ですね。そのストッキングとはどのようなものですか?サポーターでも代用できますか?
moriken下肢静脈瘤対策のストッキングはどのようなもの?
駒井先生 足先は空いているものもありますが、太ももの付け根辺りまで計算された圧力で締め付けるストッキングがあります。我々が推奨するのは、その中でも膝まであるハイソックスタイプです。太ももの付け根辺りまでのタイプの方がより効果はありますが、どうしても着用しているとズレてきてしまいます。ハイソックスタイプでも十分に効果があるということも分かっているので、そういったものを使用してもらっています。店頭で販売されている一般的なサポーターを代用されている方も見受けられますが、誤った部分を締め付けると他の部分に血が溜まってしまい効果が得られなくなってしまいます。よって、全体をしっかりと締め付けられる下肢静脈瘤用のストッキングをおすすめしています。
編集部 症状がつらい方は、そのような選択肢もあるのですね!編集部で探してみます。それでは最後に、腹部大動脈瘤についてお話をお伺いします。腹部大動脈瘤は危険だという話を耳にしたことがあるのですが、実際に危険な病気なのでしょうか。

腹部大動脈瘤について詳しく教えてください!

moriken腹部大動脈瘤とは何?

駒井先生 血管というのは心臓から下半身につながっていて、おへその辺りで二又に分かれています。そしてそれぞれの足に向かっていくというものです。その中で心臓から二又に分かれるまでの血管を大動脈と呼び体に血液を送る根幹となっています。その血管がなぜか膨らんできてしまいます。これが大動脈瘤と呼ばれるものです。現在、原因はハッキリと分かっていませんが、考えられる原因として『①動脈硬化』 『②高血圧』 『③喫煙』が挙げられています。そしてそれに加えて最新の研究によると『④虫歯の菌』が関わっているのではないかと研究レベルでは言われています。
編集部 虫歯の菌が関係している可能性もあるのですね。大動脈瘤が何かは分かりましたが、膨らむだけで痛みがあるのですか?
moriken腹部大動脈瘤がどうなると危険なの?
駒井先生 ただ膨らむだけでは確かに痛みは感じません。それでは膨らむとどうなるか、これは風船と同じである日突然に破裂してしまいます。お腹の中で破裂すると、とめどなく出血することになり体に回る血液がなくなり心臓が停止してしまいます。また痛みに関しても非常に大きな痛みを伴います。今までに感じたことのない程の大きな痛みです。
編集部 怖いですね。直前まで自覚症状が無いというのも怖いですね。破裂してから心臓が停止するまではどの程度の時間がありますか?
moriken破裂してからの生存率や時間は?

駒井先生 非常に強い痛みを感じる為すぐに救急車を呼ぶのですが、腹部での出血ということで約半数の方が病院にたどり着く前に命を落としてしまいます。その後病院に到着し、中には心臓マッサージを行いながら手術室に入るのですが、大量の出血があるため手術を行ったとしても病院に到着した方の約半数から6割くらいの方しか助かりません。つまり、家で大動脈瘤が破裂した場合、4人に1人しか助からない病気です。
編集部 本当に怖い病気なのですね。これには予防等で防ぐ方法、また破裂する危険のある大きさはありますか?
moriken破裂する大きさの目安は?
駒井先生 大体直径5cm程度になると破裂する可能性があると考えられています。5cm程度になってくると破裂する可能性があるので手術を行い治療しましょうとなります。
編集部 分かりました。これは自覚症状や予防はありますか?
moriken自覚症状や予防方法はありますか?
駒井先生 自覚症状は有りません。5年10年かけて徐々に大きくなってくるものですが、自覚症状もなく通常の健康診断や血液検査などで発見することも難しい病気です。破裂前に予防的に手術を行うという方法が現状の対策です。
編集部 それでは、早期に大きくなっている大動脈瘤を発見するためにはどうすべきですか?
moriken腹部大動脈瘤を早期に発見するためには?
駒井先生 我々が今、開業医の先生方に伝えているのは胆石がある方や肝臓が悪い方に腹部のエコーを当てる際に少し横の大動脈まで見ていただけるとすぐに発見できるので、エコーの際に少し範囲を広げて欲しいと伝えています。またCTを撮影する際にもお願いしています。この結果、健康診断時に高齢者の約4%に動脈瘤が潜んでいることが分かりました。
編集部 そうなのですね。私達患者側で出来る事はありますか?
駒井先生 やはり定期的な検査が有効です。腹部の奥にある為、触って判断することは難しく喫煙習慣のある方や高齢の方等の大動脈瘤の原因になると考えられているものに心当たりが有る方は年に1度は検査を受けるというのが良いと思います。また日ごろの生活習慣にも気を使い、高血圧の原因となるようなことを避ける生活を行うべきです。

編集部 心当たりのある方は検査を受けて頂きたいですね。生活習慣にも気をつけます!駒井先生ありがとうございました!

今回は関西医科大学総合医療センター 血管外科の駒井 宏好先生に血管についての気になる事を伺ってきました!

血管の治療方法から静脈瘤、そして最後は怖い大動脈瘤のお話まで聞かせてもらえました。

目に見えない部分なので、気になる事も多く、不安に感じる事も多いですが、血管は非常に重要なので、生活習慣を見直し、定期的な検査を受けましょう。
2017年10月1日(日)に守口市の関西医科大学総合医療センターにて開催される血管年齢測定イベントTAKE! ABIについてはこちらの記事に詳しく載せております。(血管年齢測定は定員になり募集は終了しております。)

病院名 関西医科大学総合医療センター
所在地 〒570-8507 大阪府守口市文園町10-15
受付時間 【初診】午前8:30~午前11:30
【再診】開門時(午前7:30)~午前11:30(特殊外来を除く)
休診日 日曜日、祝日、第二・第四土曜日、年末年始(12月29日~1月3日)
公式ホームページ http://www.kmu.ac.jp/takii/index.html

※この記事の情報はインターネット上における情報の相互的有効利用を目的として提供されるものです。
掲示された情報の内容は専門家の先生と共によく吟味、点検されたものではありますが、必ずしも常にその確実性が保証されるものではありません。
また、病気の診断、治療、その他医学的分野において提供された情報が必ずしもすべての方に有効とは限りません。
情報の利用は利用者自身の自由な判断、意思のもとになされるべきものであります。
万一、情報の利用の結果、利用者において不都合、不利益が発生することがあっても
情報の提供者側は最終的な責任は負えないことをご了解の上、慎重に利用いただきますようお願いします。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


介護

どんな人が作ってるの?

もりぐち健康ねっと編集部

もりぐち健康ねっと編集部

守口市の健康に関する情報を正確に伝えたいという思いを持った仲間達と編集部を立ち上げました。 毎日、情報を求めて全員で走り回っています! こんな情報あるよ!という方は編集部まで。 お隣の先生と共に守口市の健康に関する正確な情報を発信しています。

守口市の健康情報求ム!!!



sponsored link